« 先週のクロッキー...その5 | トップページ | 先週のクロッキー...その6 »

2010/12/18

油絵です...

 桃園学園クロッキーの先生に、何度も何度も(執拗に..)勧められ高校の美術部以来の油絵を描くことになってしまいました。

 モデルは先日紹介した母の友人です。まだ寒い季節でしたが、夜、青山通りの"第一園芸"のゴージャスなショーウインドーの前で撮影させていただいて、それを基に絵作りをしました。

50号(116.7cmX91cm)です。

Oil200901s oil-2009-01
 皮の手ぶくろとか、いいですよねー。ネックレスは東急ハンズでプラスチックの真珠を買ってきて手作りしました。長〜いですよ。

 彼女、次から次へとカッコいいポーズをとってくださって...。

 夜の照明に浮かびあがる花たちと、逆光ぎみの人物の対比を表現したかったのですが、力及ばず、こんな仕上がりになってしまいました。

 毎日、会社を引けた後1〜2時間ずつ描きました。50号って大きいですね...とにかく色をひと通りのせたところで力尽きました。とことん追求する時間も根性もなかったです。

Oil200901gallerys Oil200901as
 2009年6月、日洋展に出品しました。まわりを見るとほぼ全部100号以上でした...この作品のちーさかったこと!....
  
 とはいえ...私の絵を携帯で撮って下さる方もいらっしゃって...なんか嬉しかったです!

 バラの花束は、安いバラをいっぱい買ってきて、一本一本トゲをとって作りました。(青山通りにとってもイイ花屋さんがあって...バラが安いんです!その代わりトゲはそのまま....。今、その花屋さん無くなっちゃいました。残念です...)

 

 

 そして、これが油絵2作目です(2010年6月、日洋展に出品しました)。こんどは無謀にも100号(162cmX103.3cm)に挑戦です。部屋がキャンパスでいっぱい....。

 モデルさんは、桃園学園で何度かクロッキーのポーズをとってくれた方です。今回もとりあえず撮影させてもらいました。(バックはうちの居間です。)

 当初、部屋で気だるげにくつろぐ女性を、シンプルに描きたいなー...なんて思ってました。

Oil201001s oil-2010-01
 ところがワインなどがんがん飲みながらポーズとってもらってましたらもうノリノリで、すごいポーズの連発!挙げ句このような絵になってしまいました。

 クラシカルでゴージャスですごーくヘンテコな宗教画みたいなのをパロッちゃおうか...なんて..方向を修正です。いいかげんなものです...イヤ臨機応変です!?

 会社ではパソコンのちいさな画面の中でイラスト描いてます。ですから、まっ白くて巨大なキャンパス見てたら途方にくれてしまって...なんとかスケジュールギリッギリに仕上がりました。良く見ると下描きのえんぴつの線とか残ってます。とりあえず色だけのっけておしまいって所もいっぱいあります。

 大体出来上がったところで、母に見せたんですが、感想は「きったない部屋っ!...」ですって..。

Oil201001as
 一年に一作ということで、やりすぎちゃうんですよね..ポイントを絞り込んで描いたほうが良いってことはよーく分かってるんです。バラの花、透明なグラス、食べかけのピザ、テレビの発光..ゴチャゴチャちらかった小物たち..いっぺん全部リアルに描いてみたかったんです。

 案の定、評判は今一つでした。空間の使い方がもったいない..とか、天使が訳わかんない..とか..なんでVOGUEが...とか、PIZZAの種類が...とか。でも、これまんま撮影当日のウソ偽りのないうちの部屋だから、しかたないんです(言い訳です..)。

Oil201001bs
 綺麗なモデルさんのカッコイイポーズと、この芸術的な?おしりだけはみなさんほめてくれました。

 このフェティッシュな靴イイでしょ?(12cmヒールです!)ここらへんは私の趣味、全開です!ストッキングは当然シーム入りです。

 モデルさん若いんです。撮影してるとき気がつきませんでしたが、かわいいピンク色の時計なんか着けてて、全部そのまま描きました。

 バラの花、大好きなんですが描くの面倒くさいのなんのって..。次の油絵はどうしたらいいんでしょう.....。

|

« 先週のクロッキー...その5 | トップページ | 先週のクロッキー...その6 »

油絵」カテゴリの記事

展覧会!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 油絵です...:

« 先週のクロッキー...その5 | トップページ | 先週のクロッキー...その6 »